知ってて損はない! 世田谷公園で『のびのび子育てライフ』のご提案

  • 池尻大橋
お子様の公園デビューに構える必要はありません。子供は親の心配をよそに、のびのびと成長します。
私たち大人にできるのは、その環境を整えてあげることです。

特に「公園」は、お子様の「三育」※1の大きな役割を担う事になると思っております。
※1 三育とは、「知育」「徳育」「体育」の総称です。

今回は、私が自信をもってオススメする「世田谷公園」をご紹介します!

『世田谷公園』 東京都世田谷区池尻1-5-27

世田谷公園

東京ドーム1.7倍近くの広さを誇る、世田谷公園。23区内にある区立公園の中では5番目の広さです。
園内を探索すると、こんなに自然豊かな公園が都内にもあったのかと驚きます。

中心に位置する噴水広場では、噴水を囲むようにベンチが設置されており、
将棋を楽しむおじいちゃんや、ワンちゃんの散歩中に休憩する方などがよく利用されているようです。
入ってすぐのところには売店があり、パンやお菓子、アイスなどが購入できます。

世田谷公園_噴水
世田谷公園_売店
プレミアムチョコレートアイス
世田谷公園の中でも、お子様の喜ぶスポットベスト3を順番にご紹介します。

ミニSL「ちびくろ号」※水・土・日・祝日など曜日限定(小学生30円・中学生70円)

関東でSLが走っているのは5鉄道のみですが、世田谷公園駅にもミニSL「ちびくろ号」が発着しています。
(※取材時はSLが走っておらず、写真が取れませんでした)
本物が見たいという方は、蒸気機関車「D51-272」が園内に展示されているので、是非!
大人も子供もテンションが上がりますよ。

世田谷公園駅
ちびくろ号

遊びながら、交通ルールを学ぶことのできる、「交通広場」

実際に信号機・横断歩道・交通標識があり、ミニカートで遊ぶこともできます。
まるで小さな教習所にいるようでした。

交通広場
交通広場

自由に生き生きと発想力豊かに「プレーパーク」

「自分の責任で自由に遊ぶ」をテーマに、ボランティアの方たちのご協力で作られた遊び場です。
このエリア内では、焚火をしても、水遊びをしても、隠れ家を作っても…それは全て、遊ぶ子供たちの責任です。
ここでの自由な遊びが「創造性」と「自主性」を成長させてくれることでしょう。

プレーパーク
プレーパーク2
いかがでしたでしょうか?
今回は世田谷公園をピックアップしましたが、街を探索すると、こんなところにも小さな公園が!と新たな発見があると思います。
どの公園に立ち寄っても子供たちの楽しそうな声が空高く響き、親御さんの優しい笑顔があふれていました。
公園は、平和の象徴のように感じました。

銅像

公園以外にもお出かけがてら親子共に楽しめる施設はたくさんありますが、
持て余している子供のパワー発散と、お仕事・家事・育児…とちょっと疲れた心のリフレッシュに、
気軽に公園へ行ける環境でのお部屋探しはいいかがでしょうか?

>>世田谷区エリアの賃貸物件はコチラ

この記事を書いた人

竹内 美奈子

おすすめエリア情報