駅近物件に住みたいあなたへ!事前に知っておくべき駅近物件のメリット・デメリット

  • 引っ越し
  • お部屋探し

駅近物件のデメリットを把握してからお部屋探しを!

駅近物件は、通勤や通学に便利で買い物に困らないなど魅力的なメリットが多くあります。
しかし、その一方で見逃してはいけないデメリットもあります。今回は駅近物件のデメリットをご紹介しつつ、ご自分にあった物件選びのポイントをご紹介いたします。

駅近物件のデメリット

まず、駅近物件の最大のデメリットは家賃が高いという事です。
当社の取扱いエリアの統計では、同じ部屋の広さでも徒歩5分以内の物件と徒歩10分前後の物件では、5分以内の物件のほうが約10%も家賃が高いことが明らかになっています。(当社調べ/池尻・
また、駅近物件だと、線路が近いことも多く、電車が通るたびに騒音や振動が起こるため、ゆっくり昼過ぎまで寝たいときや静かに夜を過ごしたいときなどに不便を感じる可能性があります。そのほか、駐車場や駐輪場が完備されえていない物件も多い傾向にあります。それだけではなく、商業施設が密集し、遅くまで営業しているところが多いと住宅街に比べて騒がしいといったデメリットがあります。これは商業施設が多いというメリットがデメリットと表裏一体になっているケースであるといえるでしょう。

駅近物件のデメリット

駅近マンションの選び方のコツ

≪騒音チェックをしましょう!≫
駅近物件のデメリットのひとつである騒音問題ですが、電車の通る音をはじめ、駅のホームのアナウンスや商業施設があることで生じる人の声や交通などの騒音がどの程度聞こえるのか、内見するときにしっかり確認することが大切です。また、できることなら、時間帯を変えてチェックしましょう。朝、昼、夕方、夜とどのような音が気になるかをチェックすることで、自分の生活スタイルと合う物件であるかを判断することができます。
≪駅の出口とホームの距離を確認しましょう!≫
いくら駅自体が近くても、出口からホームまで遠くて時間がかかるなんてことも。ホームまで時間がかかってしまうと、せっかく駅近物件に住んでいても日々の時間短縮にはつながりません。最寄駅の出口とホームの距離は、実際に歩いて事前に確認するようにしましょう。
≪最寄りの交番や警察署の場所をチェックしておきましょう!≫
駅が近いことで治安に不安がある方は最寄りの交番や警察署をチェックするのもおすすめです。見回りに来てくれることもあるので、治安や防犯面に気になることがあれば、事前に相談するとよいでしょう。

駅近マンションの選び方のコツ

自分にあった物件を探す事が大事

駅近物件はメリットを感じやすく、駅が近いことを条件のひとつとして探す方も多くいらっしゃいます。ですが、駅近物件は決してメリットだけがあるわけではなく、ご紹介したようにデメリットも存在しています。ですから、駅近物件を選ぶときは、物件を探すときに見落としてしまいがちなデメリットをしっかりとチェックし、駅近物件のメリットとデメリットをよく比較して物件探しをすることが重要です。
物件を探すということは、生活を送る場所を探すということです。ご自分が本当にゆずれない条件は一体どんな条件なのかを今一度確認し、どのような暮らし方を大切にしたいかを想像しながら、ぜひ当社でお気に入りの物件を探してみてくださいね。

賃貸物件探しに関わるお役立ち情報