初めての一人暮らしのお部屋探しで「意外と見落としがちな条件」

  • お部屋探し

一人暮らしの先輩、ウィル・ビースタッフがアドバイス

実家から初めての独立・・・。これから始まる新しい生活!
わくわくが止まりませんよね♪そこで絶対に必要なこと、それは「お部屋探し」です。
初めてのことだからどういう条件で探したらいいのか?非常にわかります。私も同じようなことで悩みましたから笑
賃料・エリア・広さ・築年数・・・。と条件は数えればきりがないものです。
しかし、上記であげたものは簡単にスーモやアットホームなどといったポータルサイトで調べることもできますし、不動産会社に行けば、調べてくれます。

もちろん賃料や広さなどは「ここに住みたい!」と決断をする大切な条件ですが、実際に私が一人暮らしをして初めての一人暮らしのお部屋探しで「意外と見落としがちな条件」を3つ紹介していきたいと思います。

コンビニよりもスーパーが近くに!

みなさんは物件の周りにコンビニがあると「よし!生きていける!」と思いませんか?
確かに生きていけます!生きていけますが、やっぱりコンビニに毎日いくとけっこう高いんですよね。
スーパーか、広すぎてどこになにがあるかわからないよと思っているあなた。
私も最初そう思ってましたよ笑
でもスーパーに閉店直前に行ってみたことがありますか?
そう!まさに安売りの天国!!コンビニだとそのまま廃棄になってしまう弁当・総菜が、 スーパーだと3割引き・半額のオンパレードです☆
ジュースやお茶もやはり安いです。
また勝手に自炊しない方を想像して弁当・総菜と言いましたが、自炊する方はもちろんコンビ二よりスーパーの方が 品揃えも価格も良いことは言うまでもありませんよね。
是非コンビニよりスーパーが近くにあることを条件に!

病院が近くに!

これもみなさん実家暮らしのときは気付かないんですよね。だいたいどの家庭もご家族の方が病院連れてってくれるので。
一人暮らしの病気ほど怖いものはありません笑。ずっと孤独です。
だから病院は近くに!!!人は健康なときにはやはりこの条件は見落としがちです。
インフルエンザなど立つこともつらい病気になったとき本当に泣きそうになるので笑

物件の近くに目印!

初めての一人暮らし!せっかく家族の目がないから友人をたくさん呼びたい!そう思うのは当然です。
そのとき必要なのは友人が自分の家までにたどり着けるかどうか。
例えば駅から物件までの道のりが「大きな家電量販店が見えるまでまっすぐ」や「赤ちょうちんが2つ出てる居酒屋さんの向かい」など、目印があれば伝えやすいですよね!
あとはただ単純に毎日の帰り道が飽きないということもあります。
これは意外と大事で何もない道を5分歩くのと、賑わっている商店街を10分歩くのだとどちらのほうが飽きないですか?
体感的にもある程度目印がある道を帰った方が毎日の帰り道が楽しくなります。
この3つ目はもしかしたら気持ちの問題かもしれませんが、参考にしてみてください。

引っ越し後にする事

引越し後には住所を移すための手続きがたくさんあります。
まずは住所の変更。引っ越し前に住んでいた地域の役所でもらう転出証明書、身分証明書、判子を用意の上、新住所の役所で転入届を提出してください。
この手続きについては実際に引越しをしてから2週間以内に行う必要があるので、忘れないうちに早めの行動を心がけましょう。
他に住所変更するべきものとしては運転免許証、クレジットカード、保険などがあります。
住民票ほど厳格にルールが決められているわけではありませんが、やはり忘れないうちに早めに手続きしておくことをおすすめします。

この記事を書いた人

宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランニング技能士・住宅ローンアドバイザー佐原 博

賃貸物件探しに関わるお役立ち情報