早めにチェック!引越しに必要な手続きは?

  • 引っ越し
  • お部屋探し

ついつい忘れてしまう引っ越し手続き

引越しをするにあたっては物件を選んだり各種手続きを済ませたり、何かとやることが山積みですよね。直前になって慌てないためにも早め早めに準備していく必要があります。これまで一度も引越したことがないという方は少ないでしょうが、頻繁に行うものではないため「引越しするときに何をすればいいか忘れてしまった!」という方も多いはず。そこで今回は引越しをする際に必要な準備や手続きについて解説していきます。

引越し1ヶ月前にすること

引越しが決まったら現在借りている物件の解約手続きを進めていきましょう。解約にあたってはハウスクリーニングをはじめとした退去費用などの手続きをする必要がありますので、見積もりをもらったり費用の交渉をしたりするためにもある程度時間の余裕がなくてはいけません。
また、引越し業者への依頼も物件の解約手続きと同時に進めていくのがベスト。このタイミングであれば余裕を持って業者を選ぶことができますし、ダンボールへ引越しの荷物を詰めていく作業も余裕を持って行えます。
不用品の片付けは引越しをしようと思った段階から始めましょう。引越しの前後はどうしても忙しくなってしまうため、いつでもできるからと後回しにしていると手が回らなくなってしまいます。

引越し1~2週間前にすること

住民票を移す際には役所で転居・転出届を提出する必要があります。この書類の手続きが行えるのは実際に引越しをする2週間前から。
つまり引越し当日ギリギリで手続きをすることも可能なわけですが、うっかり忘れを防ぐためにも2週間前の段階で手続きしておくことをおすすめします。

引っ越し当日にする事

基本的に旧居でやる必要のあることはすでに終わらせているはず。
最後に小さな忘れ物だけしないよう気をつけておけば問題はないでしょう。新居では部屋に荷物を搬入し、大きな家具を一通り配置し終われば引越しは一段落。あとは最低限電気・水道・ガスの開栓だけ済ませておけば新生活がスタートです。時間に余裕があれば後述する「引越し後にすること」の手続きも進めておくとよいでしょう。

引っ越し後にする事

引越し後には住所を移すための手続きがたくさんあります。
まずは住所の変更。引っ越し前に住んでいた地域の役所でもらう転出証明書、身分証明書、判子を用意の上、新住所の役所で転入届を提出してください。この手続きについては実際に引越しをしてから2週間以内に行う必要があるので、忘れないうちに早めの行動を心がけましょう。
他に住所変更するべきものとしては運転免許証、クレジットカード、保険などがあります。住民票ほど厳格にルールが決められているわけではありませんが、やはり忘れないうちに早めに手続きしておくことをおすすめします。”


引越しチェックリスト

ここまで説明してきたように、引越しの際には何かとやることが多くうっかり忘れてしまう手続きだって出てくるもの。そこで引越しをする際にやるべきことをリストにしたチェックリストを用意しました。もしよければこちらのチェックリストをて使ってみてください。
>引っ越しに必要な手続きリスト

この記事を書いた人

宅地建物取引士・既存住宅アドバイザー五十嵐 裕也

賃貸物件探しに関わるお役立ち情報