行動指針

「縁を大切にして、より豊かな社会を創造する」という理念を実現し続けるために、10の行動指針を定めています。 こちらの行動指針のもと、お客様へサービスを提供いたします。

    • プラス思考

      「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」。 考え方だけはマイナス思考というようにマイナスの値があり 考え方次第で人生や仕事の結果は180度変わってくる。 能力や熱意とともに、プラス思考で行動することが大切。

    • 利地の心

      お客様、一緒に働く仲間、取引先等、 相手に「喜んでいただくために」を考える。 心遣いや気遣いを常にできる人になる。

    • 素直な心

      とらわれない、かたよらない、こだわらない。 素直な人は成長が早い。

    • うそをつかない

      正直な仕事をする。 失敗・ミスは罪なことではありません。 常にお客様にも仲間にも正直に報告し、誠実に対応しましょう。 正直が最高・最短の解決策です。

    • モノを大切にする

      モノを大切にできない人は人も大切にできません。 身近なものを意識して大切にする。

    • 約束を守る

      報・連・相を必ず行う。報・連・相は信頼の行動。 いくら仕事ができても報・連・相のない人は信頼されない。 報・連・相は人と人とをつなぐ信頼の架け橋。

    • 感謝の心をもつ

      どんな小さなことでもお礼を言う。 当たり前のことを感謝できる人間になる。すぐに伝える。 感謝を習慣にして心を磨く。

    • 礼儀を大切にする

      礼儀は人間関係を良好に保つために守るべき行動様式です。 相手に敬意を表します。 お客様や取引先、共に働く仲間に対して礼儀正しくすること。 親しき仲にも礼儀あり。

    • 整理・整頓・清掃をする

      身の回りの整理整頓清掃をすることで心も整理されます。 自分も周囲も気持ちよく過ごせるように、 常に気づき実行できる人になる。

    • 率先して問題を解決する

      知らない、出来ない、分からないは使わない。 身近な問題解決は自分を成長させるチャンスととらえ、 自ら率先して問題を発見し、解決するために行動する。